Y・J・K(優良住宅研究会)設立の主旨

 バブル経済も終り真に能力主義の時代を迎えた今日、住宅着工件数の減少に伴い価格競争も一段と激しさを増す一方、熟練職人の減少化を補うかの様に、新工法や構造仕様の複雑化等技術革新も急速に進んでおります。これにより工期短縮を計り、同時に一部のハウスメーカーや工務店ではありますが、急造職人による施工、下請け業者への締め付けなどは、決して良い方法とは思われず、業者の保護と責任についても考えなくてはなりません。
  低価格住宅を盾にして注文の独占化、あるいは経営維持の為に赤字を覚悟の大幅値引きをしその結果、会社倒産又は自己破産へとつながる事も事実です。

 価格破壊と品質低下は別物であり、安いからしょうがないはありえません。本当の意味でのユーザーに向けた支援・アドバイスが必要と思われます。

 建物は、“10年たって価値がわかる”と申します。それはイニシャルコストだけでな くランニングコストも考える、言い換えれば補修や手入れも考えた住宅を、ユーザーが求めていくのではないでしょうか。  

 ここに、最新の技術革新を考えた上で各種の専門業者の協力と、ユーザーへのアドバイスの 提供を目的として『Y・J・K』を発足致します。



ホーム相談窓口御質問独り言業者情報|不動産情報|
|YJKとは|YJKの活動会員募集メール

Copyright (C) 1999 優良住宅研究会. All Rights Reserved.