『エポックはうす』とは
 建築コストパフォーマンスの究極を研究した住宅です。
 建築費はその大半が建材によって確定されます。
 構造材のバランスを考慮することによる、調和のとれた、耐久性に優れた住宅は、
同時に建築費が低い住宅となります。
 住宅価格をおさえると同時に、耐久性にすぐれ、人間工学に基づいた動線を考慮した
間取りが、すべて整った住宅こそ、本当のコストパフォーマンスに優れた住宅といえます。

単にコストの低い住宅は、粗悪素材・材料の少量化・手抜きetcで簡単に出来ます。
しかしそれは、コストの低い住宅であって、コストパフォーマンスの究極ではありません。
 住宅の規模・質・人気設備等が完備されてはじめて完成します。

 一般に、床面積の大きな住宅ほど坪単価が低くなります。小さな住宅でも、
ユニットバス・トイレ・キッチンなどは省くことができません。
グレードを落としても建築価格への反映度が低く、メーカーによっては最低建築坪数
を制限し割安感をアピールするくらいです。
しかし、数字のトリックで割安感は満足させても、実際の建築費は変えることが
出来ません。理屈はどうあれ、自分の計画した住宅予算オーバーにより、住宅ローンを
借りられないケースを想定し、土地面積が小さくなります。
特に人気地域では予算枠を考慮し、敷地面積を狭小化(50坪前後)して、土地価格を
おさえるのが一般的で、結果的に、大きな面積の住宅は建築できなくなります。
 理想を追いかけ、希望地が見つかっても建築費との合算により住宅ローンを借りられ
ないケースも意味がありません。

エポックはうすの基準コストは1,250万円(消費税含む)
35年ローン、年利2.3%、35年ローンの月々支払額は41,640円 土地価格を800万円程度
に設定すると、土地+建物の総額は2,000万円(税込み) 月々69,373円の支払で
住宅を入手できます。もちろん頭金もボーナスの支払もありません。
 必要年収は、職種事情にもよりますが、ほぼ300万円程度(支給総額)で可能です。
 
戸建て、3LDKの平均賃貸家賃は約10万円
基本的に戸建て住宅は、家主にとって魅力が薄く、一般には中古住宅および転勤族の
持ち家の一時借家が殆どです。耐久問題、家主都合の退去願い等、安心して居住する
ための物件はかなり少なく、アパート形式が一般です。
したがって、隣接住人への気配りをともなった。居住を強いられます。
 今まで持ち家は、生涯の資産との位置付けでした。しかし実態は、自分の職場や、
お子さまの仕事の都合により、転居を余儀なくされたり、諸事情により、住替えを余儀なく
されるケースも頻繁です。住宅購入の決断に迷われることも当然でした。
『エポックはうす』は月々6万円台の持ち家です。
自らが転勤・理想住まいへの住替え等での処分時にも容易に対応します。
一般的戸建て賃貸住宅の家賃設定は10万円前後であり、6万円以上での家賃設定は
その後の住宅ローン支払が結果的に免除されます。
 つまり、賃貸住宅の固有メリットである「いやになったら住替え」が、『エポックはうす』
でも可能となります。

2〜3年なら賃貸も5年以上なら『エポックはうす』
 買換え対応住宅は、いままでの常識であった効率的な住宅利用を可能としました。
 それによって、今まで我慢を強いられてきた賃貸住宅・アパートから開放されます。
持ち家としての位置づけもしっかりしていますので、「理想として計画した住宅」が
なかなか見つからず、持ち家チャンスをのがしても、自己資産としての住宅が確保されます。
理想を追いかけて持ち家購入チャンスを逃し一生賃貸・・・もなくなります。
 年収の大小にかかわらず、『エポックはうす』は、比較的若年者に多くの支持をうけています。
2〜3年なら賃貸も5年以上なら『エポックはうす』のキャッチフレーズは、
皆さまに我慢の軽減と将来の安定をお約束します。

 最後に、皆さまに受け入れられることが『エポックはうす』本来の使命です。
皆さまの目で、実際に確認し、受け入れてこそ、はじめて本物といえると考えます。
ホームへ